就職してからインターンシップを振り返る

私は学生時代インターンシップに参加したことがあります。サービス業界で第一志望の業界ではなかったのですが、バイトをしたことがなかったので就労体験を積んでみようということで申し込みました。
就職してから当時のことを振り返り、やっておけばよかったなということを思いつきました。
それは、働いている人が仕事に対してどんな気持ちを抱いているのかもっと聞けばよかったということです。このような質問は、学生や新入社員などまだ社会経験が浅いうちにしかできない質問だと思います。
また、なぜその仕事を選んだのかということについても聞けばよかったなと思っています。自分が職を選ぶ時の指標づくりの手助けになるかもしれませんし、色々な人の意見を聞くというのはその人の歴史を追体験することでもあります。
ですので、就職活動を通じて知り合った大人にはもっと積極的に話しかけておけばよかったと思っています。
インターンシップ先で働いている人は既に社会経験を積んでいるベテランですので、生の声を聞けるいい機会だと思います。
与えられた仕事をこなすのもいいですが、先輩方とたくさんコミュニケーションをとることもインターンシップの有効な使い方なのだと感じました。