就職します。

僕にとって人生ただ一度の受験は高校受験でした。
勉強も出来ずさらに不登校だった僕は毛頭高校進学など考えておらず、中学の三者面談でも「卒業したら就職します」としっかりと伝えていました。
しかし、当時の担任の先生はそんな僕の将来を心配して「高校くらいは出ておいた方がいい、お前の学力でも私立の○○高校ならなんとか受かる」と説得をしてくださいました。
就職したいといっても明確な目標もなかった僕は、親や先生の意見に従って渋々高校受験をすることにしました。
もちろん勉強になどこれまで真面目に取り組んでこなかったのでさっぱり分からないことだらけ…特に英語と数学の成績は最悪で目もあてられないくらいでした。
試験当日 理系教科はもともと好きだったこともありスラスラとマークシートが埋まっていきます、国語や社会も本を読む事が好きだった為つまづきながらも納得のいく答えでマークシートを埋めていきました。
さて、問題の英語です…高校受験の問題なんて今思えばスペル間違いを見つけるような簡単なものだったはずですが当時の僕にはちんぷんかんぷん…途中で投げ出しマークシートは模様を書くように埋めていきました。
数学も同様の結末…これは落ちたなと逆に清々しい気持ちで帰路につきました。
しかし、あまりに成績が悪かったからでしょうか?中途半端に勉強のできる人が落ちるなか何故か僕は高校に入学することができてしまったのです。
今思っても不思議でなりませんが、高校に行かせてもらえた僕にとって掛け替えのない経験になり、親と先生には感謝しています。