就職活動こぼれ話。

就職活動をするときに何が大事かって、求人広告のコピーと面接での業務内容説明なんじゃないかと思います。
私が採用をする側として働いていたとき、求人広告を打つ時のキャッチコピーは「こう書けば良い人が来てくれるかも」と思う内容でした。例えば「風通しの良い環境です」ならあまり風通しがよくないなと感じていて、だからこそついそこをカバーしたくてこうなってしまったり。「簡単な仕事です」なら、実は採用する側は簡単だと思っていても採用される側があまりそう感じていなくて辞めてしまう…というジレンマを抱えていたり。もちろんすべての求人がそうだとは思いませんが、実際に求人広告を見ていて「簡単なお仕事」とか「社内環境良好」的な文字が躍っている求人には応募したいと思わないんです。給料がちょっと良かったりするとなおのことですね。
それから、今までの就活経験で言うと「アタリ」の会社って面接で業務説明するときに修飾的な表現を使わない感じがします。「コレコレをしてください」みたいな感じですね。業務内容のほかに「やりがいがあって面白い」とか「そんなに大変じゃない」とか面接で言われた会社が私にとってキツイ会社でした。