就職活動では、留年は別にハンデにならない

就職活動では、あまり留年というのは良いイメージを持たれていない方が多いかもしれません。留年すると、ちょっと不利になるかもしれないと思っている方は案外多いのかもしれませんけど、実はそんなに深く考えないといけないほどではないと思います。実際、留年経験者というのは今は非常に多いですし、決して少数派というわけでもないのです。あと、留年の回数がとんでもなく多いのならともかく1回くらいの留年なら、大した不利にはなりません。1番問題なのは、本人が深く考えすぎてしまって、それが面接とかで影響として出てしまうということです。それは非常にもったいないですね。基本的にはプラス3年以内であれば、留年していようが、浪人していようが、あまり関係ないというのが定説になっているようです。留年1回したくらいで、「どうしてあなたは留年したのですか?」みたいなことはまず聞かれないと思います。ほとんど企業は1回程度の留年なら、全く気にしていないと思いますよ。