就職活動で大事なこと

わたしは就職して15年がたちますが就職活動を行った数か月間でいろいろなことを学びました。そのことを紹介したいと思います。まずは人と人のきずなです。わたしは大学の部活動の先輩に自己分析、他己分析、そしてわたしの長所、短所を分析してもらうことで自分を見つめなおすことができました。このことがどれだけ就職の面談に役立ったことか。自分のことを分析するのは難しいものですがいいにくいこともはっきり言ってくれる先輩方のおかげでしっかり自分を見つめなおすことができたのです。次に学んだのは親の偉大さです。働くということ、お金を稼ぐということの大事さ、大変さを学ぶことができました。平凡なサラリーマンや家庭といいますが、それを維持していくことの大切さ、むずかしさを考える良い機会になったわけですから。おかげさまでわたしは自分が働きたい業界で今も頑張っていられます。この経験をまた就職活動を志す後輩たちに伝えていけたらと思います。