就職活動とアルバイト

本格的に就職活動をしたのは、大学卒業後に進んだ大学院生のころでした。当時はまだ大学院に進学する学生も少なく、理系と違って文系院卒の学生を採用する企業も多くありませんでした。また就職氷河期という最悪のタイミング。そのためか、就職活動に失敗してしまいました。一年間の就職浪人を余儀なくされ、大学院も一年間休学しました。といっても、無為にすごすわけにもいきません。就職試験の勉強と平行しながら再びアルバイトに精を出すことにしました。運よく就職が決まってたとしても、復学時に学費を納められなければ、大学院を無事に終えられないおそれがあったからです。もしも卒業できなければ、企業からの就職内定も取り消されてしまうのではないかと不安でした。こうして就職面接のない日は、単発の力仕事や家庭教師のアルバイトを繰り返す日々が続きました。先の見えない生活でストレスもありましたが、アルバイトがいい気分転換になったと思います。