就職活動におけるアルバイト経験の重要さ

大学や高校でアルバイトをしているという方はたくさんいますが、その多くは遊ぶための、あるいは学費のためのお金が目的という方が大半ではないでしょうか。しかし、アルバイトの経験は何と言っても就職活動で大きな強みになりますので、そのことを意識しながらバイトに務めることも重要です。
企業の人事の方が最も知りたいのは「あなたがどのように働くのか」です。もちろん私達はその答えに素直に返答する必要はなく、ある程度取り繕ったものをみんな用意しているものです。そしてここで、バイトの経験が役に立つのです。「取り繕う」と言っても就職本なんかに書いてあるようなものは人事の方も聞き飽きたものばかりですので、自分なりの独自の取り繕いが必要になるのです。
みんなそれぞれ違った業種、違った場所、違った人間関係の中でバイトをしていたわけですから、していなかった人と比べて、より具体性を持たせて、より説得力のある取り繕いができるようになるのです。
ですので、普段のバイトからそのような点を意識しておいてください。バイトで成功したこと、失敗したことなどをメモをするか、心に留めるかして、次のステップへ繋げていくのです。