就職活動における自己分析の大切さ

就職活動の準備において「自己分析が大切だ」とよく耳にしますが、いまいち何故大切なのか分からないという方は多いと思います。かくいう私も自己分析を行わずに面接に挑んでしまった一人なのです。
私は「自分を表現すれば良い」という気持ちで面接に臨みました。しかし、いざ面接が始まるとこれがうまく表現できないのです。例えば、「私は真面目な人間です」と言うと、言葉だけなら誰でも言えますから、面接官は「具体的なエピソードはありますか」などといったことを必ず聞いてきます。
もちろん「ありません」などと言うことはできませんから、その場で思い出すことになるのですが、沈黙が続いてしまい印象が悪くなってしまいます。「考える時間」も印象が悪くなってしまうのか、と疑問に思う方もいるかもしれませんが、そもそも何の準備もせずに面接に挑む学生なんて企業からすれば論外なのです。
嘘をついても深く掘り下げられたらバレてしまいますから、結局は十分な自己分析を行い、エピソードなども事前に準備したうえで面接に挑むことが重要なのです。