就職活動について

よく学校の教授方や就職活動を支援するセンターの人達(なんと言うセンターかは忘れたが)は、在学中就職先を決めておかないと今後苦労するみたいなことを言う人達が大勢います。

しかし、就職先が決まればいいという世の中ではありません。ここ数年大卒で入社しても3年以内に3割が辞めているそうで、最近は4割に近くになっているとか。この原因は分かりませんが、教授方やセンターの人達は自分達の学校の学生の人数を増やしたいがために無理矢理いろんなところに就職させ合わなかったから辞めるという結果になってしまっているのではないかと考えています。ちなみに高卒の人達も5割近く。中卒の人達に限っては7割近くの人達が3年以内に入社した会社を辞めてしまっているそうです。僕は無理して就職する必要は無いと思います。現に僕の知っている人達にも学校を卒業して就職した人達はいっぱいいらっしゃいますし、アルバイトから正社員になった人達もいます。なので在学中に就職先が見つからなくても自分のペースでやりたいことを見つけてほしいと思っています。