就職活動に生きた学生時代の経験

学生時代は陸上競技の槍投げをしていました。たいした記録も残せませんでしたが、高校と大学の7年間、ずっと続けられたのはひとつの財産でした。また、就職活動時にはエントリーシートの趣味・特技の欄に「槍投げ」と記入できました。面接官の方からは面白がっていろいろと質問をいただきました。槍投げは陸上競技の中でもマイナーな種目です。しかしマイナーだからこそ、面接官も関心を示してくれたのでしょうか。とくに槍の重たさにかんする質問をよく受けました。槍はアルミ製のため、それほど重くありません。また槍投げに必要なトレーニングなど、会話が弾みました。もっとも槍投げを始めたのは、自己PRのためではありません。たまたま野球経験者だったことと、ちょうど陸上部に槍投げの選手がいなかったというめぐり合わせでした。それでも人生、どのようなことが生きてくるか想像できないものです。就職活動の場で部活動の経験を生かすことができました。