就職活動のエントリーシートの「字」の重要さ

就職活動と言えば面接に意識が向かいがちですが、エントリーシートもやはり大事です。その内容はもちろんのこと、いかに誠意を持って字を書いているかという点もとても重要になります。
就職活動では、例え志望度が低くとも「第一志望です」と言うことが当たり前です。企業が最も欲しい人材というのは「長きにわたって熱意を持って仕事に取り組める人」ですので、本当に第一志望の人を採りたいわけなのですが、そういった場合にまず見るのがエントリーシートの「字」なのです。
「本当に自分の企業が第一志望なのならば、エントリーシートも丁寧に書くはずだ」というのが、企業が当然に持っている考えです。第一志望でも気を抜いて雑に書いてしまう人は多くいるようですが、都合の良い「足きり」の対象にされてしまうのです。
とにかく丁寧に書こうとした字というのが、見ていて人に伝わるというのはみなさんも分かると思います。どこか字に緊張で震えたような後があったり、句点一つを書くにも誠実さが伝わってくるものです。そして企業は、たとえエントリーシートの内容が多少悪かろうが、面接で他の人より多少劣ろうが、丁寧な字を見て「この子は第一志望だろう」というイメージを持たせることができていれば、人事の方を「それでも採りたい」という思いにさせることができのです。