就職活動のグループディスカッションの難しさ

今の就職活動は、企業も学生のいろいろな面を見ようとしているため、結構多種多様な選考を課しています。例えば、グループディスカッションというのも、その一例でしょう。就職活動のグループディスカッションは、いきなり初対面のメンバーが5人くらい集まって、議論をして、結論を出すという形式であるため、はっきり言って難しいです。特に就職活動のグループディスカッションでは、まず発言をしないとどうにもならないですね。就職活動のグループディスカッションの難しいところは、どのタイミングで発言したら良いのか?それを見極めるというところだと思います。いろいろな人がそれぞれ意見を言い合っている中で、自分が話し始めるのって、結構勇気がいると思います。個人面接は聞かれたときに答えれば良いのですが、グループディスかションでは、そのタイミングが図らないといけないのです。議論の流れに関係ないタイミングで、関係ないことを話してもダメですからね。就職活動をこれから控えている方は、是非練習をしてから臨んだ方が良いと思います。