就職活動の際、OB・OG訪問でいろんな話を聞くことができました。

私が就職活動を行なっていた際、実際に志望する企業に書類を送ったり、面接したりする前に、大学の学生課などを通してOBやOG訪問などを行なっていました。情報誌やサイトが伝える企業情報も大切ですが、やはりその企業で働くOBやOGといった生の声の方が、本質がつかめる場合が多く、大変役に立ちました。

OBの方には書類審査のワンポイントアドバイスや、面接の練習の仕方などを教えていただきました。面接は誰もが緊張するものです。それは面接官に見られているという「受け身」の状態だからであり、こちらも面接官を見ている、聞いているといった意識で面接にのぞむと、落ち着くことができるのだそうです。また、友人などと面接の練習をすることも勧められ、その際、面接役の人よりもイスの高さを多少高くすると、緊張感を意図的に増すことができるのだそうで、とても練習にはためになりました。

また、履歴書の顔写真にも吹き出しをつけて意気込みを書くとよいなどと教えられましたが、こちらの方は受ける業界や会社の雰囲気にもよるようで、私は実際にはしませんでしたが、いろいろな話が聞け、とても良かった思い出があります。