就職活動は自分で動くべし

最近、多くの家庭で就職活動に取り組む姿が見られるようになりました。特にご両親が子どもの就職活動に積極的に関わるようになったみたいですね。時代の流れなのでそれ自体が問題というわけではないですが、就職活動はやはり自分で動かないとどうにもならないところがあります。
もちろん、両親が問い合せをしてくれたり補助的なことはしてくれます。自分じゃないから聞けることもあったりしますし、良い部分もあります。
でも、採用者側からしてみれば、ご両親に任せる人よりも自分でやってくれる人を採用したいですよね。就職活動では、自分だったらどういう人を採用したいかっていう気持ちになることも大事だったりします。正直、就職活動では自分を否定されることも多いので、辛いと感じることも多いです。傷つけられるのが怖いのは間違いありませんが、就職活動では勇気を持って前に進む人に勝機があったりします。自分が行きたい企業には、進んで説明会に行ったりすることが内定に有利な条件になったりします。