就職活動をするということ

就職活動をされる方々へ。
今まで学生の間に培ってきた経験や知識、それらの物を総動員して、自分がどんな仕事に活かしたいか。

それが就職で一番、大事なことです。
どのような企業に入りたいのか。
そのような考え方もいいでしょうが、更に一歩踏み込んで
自分がどのような事をしたいのか。
経験を活かせるのか具体的なイメージを描がながら、活動していくことが、就活を成功させる大きな鍵になってきます。

採用する立場の企業側も、昔のように成績が優秀であるとか、、元気ハツラツといったタイプの選択から、
具体的なビジョンを持った学生を選択し始めています。

その為には学生時代にどのような事を自分の中に蓄積して、今後、どのように活かしていけるのかをキッチリと持っておいて欲しいのです。

それが大学の専門分野でもいいですし、アルバイト、クラブ活動であっても構わないのです。

当然、ヤル気があることが前提条件です。
その上で、自分の蓄積した物を独自の個性としてアピールできる事が重要になっていくのです。