就職活動中のアルバイト

就職活動中の思い出として残っているのは、面接試験のため上京してきた東京でアルバイトをしたことです。学生時代は、地方の大学に通っていたため、就職試験のたびに上京しなければなりませんでした。東京では親戚の家に泊めてもらい、1週間近く滞在。就職面接のない日には、よくお酒を飲みに連れて行ってもらうこともあったのですが、いつもおごってもらってばかりでは申し訳ないので、暇を見つけてアルバイトをすることもありました。当時は学生向けのアルバイトを紹介してくれる機関がありました。そこで単発のアルバイトを見つけては、勝手のわからない東京の地下鉄に乗って、アルバイト先を回りました。仕事先で地方の大学からきて、就職活動をしているという話をすると驚かれたものです。仕事の内容は事務所の移転手伝いなど単純作業が中心でしたが、まったく知らない土地を体験することができて面白い経験でした。そしてそのアルバイト代は、お酒の飲み代に消えてしまいました。