居酒屋でのアルバイト。

10代の頃やっていた居酒屋でのアルバイトはとても楽しかったです。
僕の働いていたお店は夜間と昼間のメンバーが総入れ替えされるお店だったので昼と夜別々の料理長・ホール長がお店をまわしていました。
そのせいか分かりませんが昼夜の情報伝達が非常に甘く、料理長が帰った後は食材使い放題…お酒飲み放題というまぁ、やりたい放題の無法地帯となっていました。
日曜の夜は暇で料理長も早く帰る為、毎週日曜の夜は仕事終わりに休憩室にアルバイトが集まって焼肉をしたり、寿司を握ったり、朝までトランプをやっていたり…とにかくやりたい放題どんちゃん騒ぎでした。
まぁこれは完全に特殊な例なので参考にはならないと思います…何件か居酒屋で働きましたが居酒屋で働いていて一番嬉しかったのはタダで賄いを食べられたことです。
とくにひとり暮らしをしていた時には本当に助かりました もはや晩御飯を貰うために働きに行っていたようなものでした。
しかし利点はそれくらいで居酒屋はそんなに楽な仕事ではありませんでした。
時給はとても高かったですが、お客様が入らない時は早く帰らされますし休憩をとらされて拘束時間の割にはあまりお金にはなりませんでした。
僕の経験からするとあまり大きくなくて人を多く雇っていないこじんまりとした個人店で働くと良いと思います。
そういう店には常連さんが多く、暇だからといって帰らされる確率は低いですし賄いも沢山もらえる傾向がありました。
居酒屋は飢えた若者向けの仕事ですね。