居酒屋バイトのやりがい

居酒屋のバイトで一番やりがいを感じたのが、ドリンク作りです。
当時、調理場は男性のみが許されており、女性はホール以外ではドリンク作りしかありませんでした。
調理場であれば、焼き場・揚げ場・刺し場・洗い場などいろんなポジションがありますが、
ドリンクは一人で全ての作業を行わなければなりません。
ホールで経験を積み、メニューを全て把握している者のみに許されているポジションなのです。

座席が埋まり混み合うとドリンクのオーダーも勢いを増します。
団体客が入った時は特に大変で、生ビールが出過ぎてしまい、ジョッキが足りなくなる事もしばしばありました。
ホール担当が一生懸命回収してきたジョッキはすぐに洗われ、また並々とビールを注ぎお客様の元へと運ばれます。
こうして大量のオーダーをこなしつつ、グラスを洗うのは本当に大変なのですが、
クレームゼロで成し遂げた時には充実感を味わえます。

普段あまり出ないレアなドリンクを注文された時はうれしくなったものです。
正直、おいしくないので罰ゲームに使われたのだろうなと想像できました。