履歴書の嘘は致命傷

就活をする上でいわば自分の説明書とも言える履歴書なのですが、この履歴書もただ書けばいいと侮ってはいけません。面接官の印象は見た目と挨拶、そしてこの履歴書で大半を占めると言っても過言ではないのです。

まず履歴書では嘘をつかないことが大切です。当たり前の事のように思われるかと思いますが、ここで嘘を書く人も結構多いと言われています。背景として自分の今までの功績をよく見せて内定率を上げたいというところだと思いますが、それもすぐ見透かされます。

面接官は今までたくさんの面接を行ってきたということを考えるとどんなことが嘘であるかは予想がつくそうです。

後書くときには時の綺麗さを求めるのも効果的とされています。丁寧に力強く書かれている字はそれだけでその人の丁寧さや地震の表れを感じることが出来ます。

履歴書でついた嘘が仮に内定まで結びついたとしても仕事で何を頼まれるかわかりません。履歴書に嘘の資格などを描いたらもう恐ろしいところです。正直に丁寧に、それが履歴書で自分を売り出せる一番のコツなのです。