履歴書の文字を綺麗に書く

企業が学生を判断する一番最初の材料が履歴書です。面接をするかどうかも、また面接で何を聞くかもこの書類に沿って決められます。面接官に見てもらうためには、字を綺麗に書く必要があります。
この綺麗というのは、下手というのとは異なります。
例えば、字の大きさを揃えたり、止めやはねなどに気をつけて書いてみるなど、基本的なことに注意をするのがポイントです。
そのためにはやはり下書きをするのが一番でしょう。途中でスペースが足りなくなったり字を間違えてしまって用紙を無駄にするのは嫌ですからね。
おすすめなのが、下書きをする時に罫線の間にガイドの線を入れておくことです。また、一定間隔にドットを打ち込んでみるのも有効です。そうすると文字の大きさを同じようにしようと意識したり、字の中心をガイドのラインに揃えようと自然に思えるようになります。
統一の取れた字は全体で見るととても綺麗です。例え字に自信がなくても、このように読みやすさを意識するだけで与える印象は大きく変わると思われます。