島忠で朝昼晩働く場合になった場合

島忠で短期間アルバイトをするのであれば、夜の方が良いという意見がある。その理由は朝の場合、朝礼として店訓という店の掟を言う必要がある。それはお客様との接し方、クレームの対応、1円だけだとバカにせず真摯に取り組むなどの心意気について7,8個書かれている。夜の場合、そのような事を言う機会はないが、朝礼やお昼などにはそのような事を皆の前で発言する習慣がある。更にその多くの従業員の中から一人だけ選ばれ、その人に続いて発言する形を取られる。故にバイトだからと言って選ばれない保証はないのである。故にもし長期間、または朝か昼に働くのであれば、その点について覚える必要がある。
またお客さんとの言葉のやり取りだが、入店した際、買い上げの際、お金を頂いたとき、釣りを返す時、そして出店する際などのマニュアルが決められている。それを覚えるだけでなく、イントネーションも心地よく言う必要がある為、その点について日頃から練習する必要がある。