島忠のアルバイトを行う上で大変になってくる事

島忠のアルバイトを長く続けていくと任される仕事も大きくなる。島忠にある商品は生活用品、家具、日曜大工などの大きく分けて3つに分ける事が出来るが、実際には25種類のカテゴリーが存在する。大きな店舗を構える島忠ではどこにどんなカテゴリーがあるかを覚えないといけない。
一つの例としてはボンドなどの接着剤である。ボンドは一般の人でも知っている商品ではあるが、プロの日曜大工の人も来る場所である為、多くの塗料が売られており、その大量の中から小さい商品を見つけるのは大変であり、始めのうちにどこに置いてあるか把握する必要がある。また万引き対策としてレジの外にある商品も把握する必要がある。レジの外にある商品は一般的に傘だが、イベントや季節によってはスペースを取る為、普段レジの内側にある商品が外側に置かれる事があり、時期の変化による商品の置き場所も覚える必要がある。
次第に場所だけでなく、商品名、または特徴をお客から聞いただけでどんな商品かを思いうかべられる必要があり、そしてその場所に案内できるようになる事が目標になってくる。