島忠のレジ係のアルバイトについて

島忠には生活用品や家具などだけでなく、園芸やペット用品、日曜大工の商品も売られている。その為、そこのアルバイトをする上では様々な商品がどこに置かれているか覚える必要があり、記憶力が問われる仕事と言える。故に島忠のアルバイトで一番初めに任される仕事はレジ係になる。レジ係は商品を並べる仕事は違い、お客さんから商品の説明や場所について説明する必要がない。故にこのレジ係でまず気を付けなければならないのは商品をどうやって袋に詰めるかである。
例えば一般のスーパーであれば固いモノを下にし、柔らかいモノを上にして詰めていく形を取る。ただ島忠のレジ係においては日曜大工も扱っており、刃物のような危険なモノ、ネジのような細かいモノも詰める必要がある。刃物の場合は紙を刃の周りに巻いて、ネジのような細かいモノは小さい紙袋に入れ、こぼれないようセロハンテープに入れる形を取る。故にそのような判断を客が来る度に判断し、袋の大きさ、どのように詰めるかなどの即断力が問われると言える。