巨大なハンバーグを焼いたこと

学園祭の時には、派手なことをやって目立ちたいと思ったのです。ですが私達の仲間では目立つような才能がないので、人の注目を集めることは難しいと思われたのです。

なので、その時にテレビで流行っていたデカ盛り料理を再現することにしたのです。食堂のように大量のご飯を盛りつけて提供するのは難しかったので、1品だけインパクトのあるメニューを出すことになっていました。

仲間達で話し合った結果、誰でも食べやすくて好きなメニューとなると、ハンバーグが良いのでは?という意見で一致しました。

ファストフード店などでハンバーガーを食べるときも「ハンバーグが小さい..」といつも思います。そんな事があるので、バンズのサイズよりも2倍程度のハンバーグを作って、肉がはみ出た状態のハンバーガーなら大ウケするのでは?と思ったのです。

実際に作って見るとその巨大さに笑ってしまったのですが、食べても美味しくて傑作でした。学園祭で出したときも、よく売れたのですが、ただとても食べにくかったのです。