幼・小・中学のお受験

受験という言葉は今や高校・大学だけでなく
中学・小学校・幼稚園と年齢の幅が広がってきていますよね。
自らの意思で受験先を決める高校や大学と違って、
中学受験までは親の意思と力ありきといったところです。

実際に小学生でどのくらいの子供が自分の将来を見据えて
目標を定めているかと言えば、ほとんどの子供は
親の意見に従っているか、塾の薦めるままに受験しているでしょうね。

塾は有名私立や難関校に一人でも多く合格させる事が
ある意味目的でもありますから、
その子供にとって将来に役立つかどうかまでの細かい選択は、
親の考えによる所が大きいでしょう。

もちろん入学してからの学校の方針も
将来の方向には影響大です。
やはり実績のある名門校には実力のある教師が揃っていますし、
授業の目的自体も違っていると感じるほど
それぞれの学校には個性があり、ポリシーもあります。

子供にどのような将来を期待するか、
またどのような環境で教育を受けさせたいか。
親の考えが中学までの受験では重要ですね。