廃材処分業者でアルバイト

私がこれまでにやった事のあるアルバイトの中では、廃材処分業者のアルバイトが最も難しかった仕事でした。

仕事内容は、建築現場などで処分になった廃材や、業務用のゴミ収集車が回収してきた廃材を分別する仕事です。鉄やアルミニウム、ガラス、そして燃えるゴミなどに分別していくのですが、電化製品や車の部品、業務用バッテリーや、タンスやソファーなどの民間のゴミなども大量にありました。

手作業で持ち上げる事が難しいものはフォークリフトを使ったりしますが、フォークを使うと細かな仕分け作業は無理なのです。なので、ガラスでもカットできないという業務用の手袋を装着して、手作業で分けていきます。

この作業がかなり過酷で疲労度の蓄積も激しいのです。以前に土建業者でアルバイトをした事がありましたが、その仕事よりも何倍も疲れるのです。そして腰が痛くなってくるので、バイト上がった後は遊びにも行けずにお風呂に入って就寝するのです。

ある程度時給の高いアルバイトではありましたが、長年継続するのは困難だと感じました。