弁当の仕出しアルバイト

お弁当の仕出し屋さんでアルバイトしました。いろいろな施設やイベントなどに卸している会社で、従業員も含めアルバイトも合わせると30人ぐらいが働きます。特に週末は忙しく大会や会議など大きなイベントにも対応していましたので、早朝から大忙しでお弁当作りをしていました。

アルバイトも朝5時から午前10時までと言う朝が早い時間の仕事です。わたしの仕事はお弁当を作るのではなく出来上がったおかずをお弁当の種類ごとに盛り付ける仕事です。

決められた時間の中で何百という数のお弁当に盛り付けで行きます。それぞれグループに分かれておかずの担当を振り分けられ盛付けますが、唐揚げを何百個、ポテトサラダを何百個という単位で盛り付けできます。

流れ作業でお弁当作るのが1番効率が良いようで、 1人利用間違わないようにだけ意識しながら仕事をしました。生物ですし時間も限られているのであっという間に時間は経ちますし、午前中に仕事が終わるため残りの日々の時間を自由に過ごせたので生活のリズムをよかったと思います。

お昼のお弁当だけではなく朝8夜のお弁当も作れればもう少し稼げるのですが、お昼がメインのお弁当ですので仕方がありませんね。