引越し作業のアルバイトで鍛えられたこと

多くの給与をもらいたかったので、引越し業者のアルバイトを頑張っていました。特に不満も漏らさず当たり前のことだだと思いながら仕事をしていたら、要領が分かってきて辛いという考え方も薄れてきました。

引越し作業のスキルは十分なので、いざ自分が引越しをしようと思ったときには、引越し業者は必要ないと思えたのです。

いつもの段取りのように、自分の家財道具をまとめていて気がついたのですが、やっぱり最も大型となるソファセットだけは、友人から借りてきた車にも入りそうにないのです。

なので、引越し業者に依頼してトラックとドライバーを一人だけ依頼しました。私が以前に働いていた引越し業者に依頼したので、料金が安くなるように社員ではなく、車を運転するだけのアルバイトを派遣してもらいました。

そして、友人と一緒に家財道具をトラックに積み込んだら、引越し先までトラックを移動してもらいました。このトラックにアルバイトのドライバーを依頼するという引越し業者の利用方法は、最もコストが安くなる方法なのでお勧めなのです。