引越し先を間違ってしまったこと

私が学生の頃に、多くの給与をゲットしたいと思ったので、引越し業者のアルバイトをやっていた時期があります。その時には、先輩の一人と一緒に現場に入りましたが、多くのことを学んで有意義な時間を過ごす事ができたのです。

最初はとても重そうに思えた電化製品も、コツを覚えていけば一人で持ち上げることも容易になってきたし、見た目で車に積載できるかどうかをある程度判断出来るようになりました。

ただ、一度先輩と一緒に引越し先に荷物を運んでいるときに、道に迷ったことがあるのです。配達先の現住所をチェックしてルートを確認してから出たのですが、どうやら地図が間違っていたのです。

出発前に何故気づかなかったのか疑問だったのですが、間違った住所に到着したのでまたルートを作り直して、引越し先に2時間遅れで到着したのです。そして遅れた分を取り戻すために、ハイスピードで搬入作業を終わらせました。

常に次の予定が入っているので、このようなトラブルはとても緊張してしまうのです。