彼女とのトレッキング

学生時代に付き合っていた彼女とは、トレッキングという共通の趣味がありました。いろいろな山に出かけましたが、なかでも思い出に残っているのが、長野県の上高地です。当時は名古屋で学生生活を送っていたため、レンタカーを借りて名古屋から中央自動車道を経由して松本まで向かいました。松本で高速道路をおりた後は、山道を登っていきました。季節は初夏でしたが、シャトルバスはやはり混雑していました。それでも上高地の空気は都会とは違って新鮮でした。そのときは、あいにく体調を崩してしまい、周囲の自然を散策した程度でしたが、大正池や河童橋の眺めはやはり印象に残りました。また上高地から見上げることのできる山々の美しさも圧巻でした。出かける前に、二人で登山用品店で品定めをするのも楽しみの一つでした。上高地は標高1500メートルもある高山なので、歩きやすい服装と靴が必要になります。また足場も舗装されていないところがほとんどなので、歩きやすいおそろいのトレッキングシューズも買ったものでした。