彼女との広島旅行

学生時代は、当時交際していた彼女と国内のあちこちへ旅行したものでした。とくに思い出に残っているのは、幼いころを過ごした広島に出かけたときのことでした。当時は関西に暮らしていたので、新幹線で出かけたものです。目的地は、安芸の宮島。この島は少年時代に家族で海水浴で出かけたり、潮干狩りをしたりした思い出の場所です。父親の転勤で広島から引っ越して以来、長い間、訪れるのも久しぶりのことでした。当時、広島に一人暮らししていた祖母と合流して、三人で一緒にフェリーで宮島観光をすることになりました。船から厳島神社の赤い大鳥居が見えてくると、急に幼いころの記憶がよみがえった気持ちになりました。船着場から参堂を通って神社に参拝しました。目を奪われたのは、この世界遺産の厳島神社を舞台に結婚式をあげている新郎新婦の姿。赤い社殿に二人の和服姿がとても映えていました。いつか自分たちもこのような場所で結婚式をあげてみたいと思ったものでした。