後悔のない受験をするために

私は大学受験の時にかなり楽をしました。勉強をしたくないという理由だけで面接と小論文しかない大学を選び、受験してしまいました。今ではその選択を後悔しており、受験する大学選びとそのための勉強は重要なのだと思い知らされました。
過去のことを今後悔しても何も意味がありません。今は今でその時の受験のことを教訓にして、後悔のない人生を送ることが大切だと思っています。
私は、今の受験生たちに受験だけが人生ではないと言いたいです。楽して大学に入った私が言えることではないですが、受験によって選択肢を狭めている学生がいるのなら、もっと視野を広げてほしいと思っています。親の言うことだけが全てではないし、何なら親と一緒に話し合って受験について考えるべきです。
私は親にあまり相談せずに大学を決めてしまいました。もっと素直にアドバイスをもらっていたら全く違う人生を歩んでいたと思います。これは全て自分の責任であり、後悔にしかなりません。今は受験のことを忘れて、自分らしい生き方をするように努力を続けています。