得意な教科、苦手な教科

私は得意な教科と苦手な教科の差が凄くあって、受験のときは大変でした。
苦手なものはせめて酷くない点数は取ろうと思い、それなりに勉強を頑張りました。
文系は基本的に得意なものばかりだったのでそこまで苦労しませんでしたが、理系教科の分も稼がないとと思い、プレッシャーになった時期もありました。
ですが、いつもどおりやれば大丈夫だと自分に言い聞かせ、無理はしないことにしました。
文系を頑張りすぎると、苦手な理数系がおろそかになってしまうからです。
勉強するバランスは難しかったかもしれません。
どっちもたくさんやりたいけど時間は限られていますし、どちらかに片寄ったらどちらかがおろそかになって大変なことになってしまいます。
結局、しっかり計画を立てて勉強することになったのですが、それからは上手く出来るようになりました。
計画を立てるって大事だなと再認識しました。
勉強は孤独に感じますが、そこを自分で乗り越えると一皮剥けた感じがしました。