志望校を早い段階で決める

私は自分の力以上の大学に合格することができたのですが、それを実現させて大きな要因としては、志望校を早い段階で決めたことにあると思っています。
高校一年生の頃から受験の話は進路指導の先生から出ていましたし、自分の進学先を考えたのですが、福祉が勉強したいと思いましたし、関西では有名な伝統校で色々な学部があるその大学をとても魅力に感じました。

その時点では受かるとは思いませんでしたが、高校一年生だったのでまだ時間はある、勉強したらそこまで学力を上げられるかもしれないという希望がありました。
その希望が勉強をする上での大きなモチベーションになりました。

具体的な大学を意識してから、勉強にも力が入り、どんどん実際に合格できるかもしれないというところまで上がってきました。結果として現役で合格を勝ち取ることができました。
意志を強く持つこと、決してあきらめないことが合格の秘訣だなと思っています。
三年間思い描いたことが実現した喜びは、ずっと大事なものです。