志望校を早い段階で決めること

私は大学受験の為にかなり労力を使ったのですが、それが実り無事に合格をすることができました。
私が合格することができたのは、早い段階で志望校を決めたことが大きかったと思います。
高校一年生の頃に、この学校に行きたい、こういった勉強をしたいという気持ちが固まり、それに向けて3年間努力をしました。

私の一年生時の学力では到底難しいところにある学校で、周りも高望みだというように思っていました。
しかし志望校を決めて、勉強に力を入れるようになってから、成績がぐんぐんと伸びていったのです。
私が通っていたのは進学コースで、一年生の時点ではクラスの中で最下位ぐらいの成績でしたが、三年生になるとトップぐらいまで上がっていました。

三年間ずっと思い描いていた大学に合格した時の喜びは、とても大きなものでした。
そして自分が真剣に何かをすることで、結果がついてくることを実感して、自信にもなりました。
苦しかった受験を通して、自分が成長できました。