忙しかったけれどとても充実した学園祭

高校の時の学園祭はとても忙しく、自由時間もなかったけれど楽しかったのを覚えています。
他の人はだいたいクラスのみの担当、もしくはクラスと部活の出し物などで自由時間は多少なりとも確保できていたのですが、自分はクラスの出し物、演劇部の公演、そして委員会の出し物を担当していて人の少ない委員会の出し物にはほとんどつきっきりで入っていたので自分の時間を確保することを忘れていました。
なのでその年は自分が担当した出し物以外は何も見ることは無く、食品を買いにいくこともありませんでした。
周りの友達からは自分の時間作って色々見たらいいのにと言われましたが、自分で担当すると決めたところもあり、どちらかというと回るよりも担当しているところを充実させて人を案内したりすることの方が楽しかったので全く苦になりませんでした。
今でもその時の友達と会って学園祭の話をするたびにこの話が出て、いまだに本当に遊ばなくてよかったのかと言われたりします。
けれど自分はあの時は本当に充実していたと思っているのでよかったと思っています。