怒るべきところ、怒らないべきところ

私は、アルバイトで怒られた経験がほとんどありません。
もちろん、凄く優秀だったとかそういうことではなく、先輩たちは何かあっても注意するくらいだったのです。
褒めて育てるという雰囲気が、アルバイト先にはありました。
失敗しても頭ごなしに叱るのではなく、ここが悪かった、次は頑張ってねというふうに言ってくれたのです。
先輩いわく、失敗して一番悔しいのは失敗した本人なのだから、それ以上とやかく言う必要は無い、分かっていないときだけきつく言えばいいとのことでした。
確かに、怒ればいいというものではありません。
何が悪かったのか本人は分かっているのに怒るというのは、あまり効果が無いように思われます。
私も先輩たちを見習って、怒るべきところと怒らないべきところをちゃんと理解するようになりました。
そうすることで、関係性もよくなった気がします。
後輩の教育というのは本当に難しいものですが、やりがいはありました。
怒るところと怒らないところをちゃんと分けておくと、結構上手くいくものです。