思いもよらない作業があったアルバイト

私が以前行ったことのあるアルバイトは、少し変わった仕事内容でした。そのアルバイトを始めることとなったきっかけは母親の紹介だったのですが、こんな仕事もあるんだなといった感想を持ちました。
そこはユニフォームを専門で作って販売している会社で、事務服から学生服、そして体操服などの学校で使うものも数多く扱っていました。
そして私の仕事内容はというと、学校で使う運動用のシューズの靴紐をほぐすというものでした。靴紐だけが絡まった状態であり、それを一本ずつほぐしていくのです。すること自体は単純作業で特に難しいこともなくラクだったのですが、永遠に靴紐をほぐしていると、途中でたまに訳が分からなくなることなどもあり、ある意味新鮮な仕事でした。
私たちがごく普通に使っている身の回りのものでも、作る工程ではこういった思いもよらない過程を経ているものがたくさんあるのかもしれないと思うと、非常に勉強になったアルバイトの経験でした。