思い出の北アルプス

大学時代、ハイキングサークルとサークルに所属していました。名前に「ハイキング」は付いていますが実はかなりハードで、月に1回ほど近くの1,000メートル級の山に登ってトレーニングをしていました。
1回生の夏に3泊4日で、北アルプスの後立山連峰を縦走しました。初めての雪渓、山小屋泊りなどとても印象に残っています。特に山小屋では「ざこ寝」というものを体験し、当時、あこがれの先輩がいたのでどきどきしたものです。もちろん、何も起きませんでしたが。朝、朝日が昇るとき、近くに丸い虹が現れた美しい光景も忘れられません。実は縦走中、熱を出してしまったほど、北アルプスの縦走はとても厳しいものでしたが、美しい景色と楽しい仲間に支えられて何とか乗り越えることができました。山から下りた後、解散で、その打ち上げのとき、松本で馬肉を初めて食べたことも印象に残っています。
北アルプスにはあれ以来行っていませんが、縦走できたことは今でも私の自慢です。