思い出の箸巻き屋

風が涼しくなってきて、各学校では学園祭の準備に取り掛かり始めた頃でしょうか。
私も学生のころは、学園祭の時期が近づくたびにわくわくしながら準備を進めていました・・・。
高校から大学まで毎年模擬店の出店をさせてもらっていたのですが、お汁粉、カクテルバー、たこせんなど色々やった中でも、特に人気だったのは『箸巻き』でした。

『箸巻き』といってもピンとこない方も多いかもしれませんね。
簡単に言ってしまえば、箸に巻いた薄いお好み焼きみたいなものです。
キャベツなどを混ぜない素のままのお好み焼きの生地をクレープのように薄く焼き、それを箸にまきつけてソースをかけていただきます。
「素のままのお好み焼きの生地」と先に書きましたが、ここにサクラエビや細かく刻んだチクワ、天かすやネギといったちょっとした具を混ぜて、ちょっとだけバリエーションをつけます。

ソースの香りが食欲をそそるのと、箸があることによって食べやすい!ということで、学生はもちろん保護者や小さな子にまで大好評でした・・・(´∀`*)
模擬店は出したいけれど、そのメニューに迷っている皆様。
今年の学園祭には、『箸巻き』で出陣してみませんか?