恋をした学園祭での思い出

私は高校の3年生での学園祭が今でも忘れられません。
高校時代は地味で特にこれといって打ち込んでいたこともなく、塾に行っていたくらいで楽しみとかもなく、バイトもしていなかったので本当に平凡な学生生活を送っていました。
性格も少し人見知りだし積極的にいけない部分があったので、恋愛も見ているだけとかが多くて憧れていた高校生活とは違っていて、恋をしたいという気持ちでいっぱいでした。
そんな私が恋に落ちたのが3年の学園祭の時でした。
その年の学園祭は部活のお店手伝いをしていて、そこにクラスの中のいい男子も手伝いに来てくれていて、休憩時間が同じになったので一緒に屋台を回ることにしました。
その時にその男子の中学時代からの友達という人に会い、一緒に行こうかということになりました。
同学年でも初めて会う人だったのですが、一目惚れしてしまいました。
そのあとはずっとドキドキしていて気さくに話しかけてくれる彼に恋をしてしまいました。
今でも彼が最後にくれた小さなぬいぐるみを持っています。