恋人からのプレゼント

大学を卒業してからというもの数年がたつというのに、その当時、付き合っていた彼女からのプレゼントをなかなか捨てられないでいます。どちらかというと、男性のほうが未練を残しがちで、女性のほうがさっぱりと忘れてしまうといわれています。まさに、それを地で行くようです。とくに人形などは捨てにくいもの。いまだ部屋に飾ったままです。そのような品々を引越しのたびに捨てよう、捨てようと思っているのですが、気がつけば引越し先にそのまま持ち運んでいます。かろうじて、写真だけは処分しました。最近ならデジタル写真が主流ですが、当時はフィルムを現像してアルバムに保存しておいたものです。観光名所やデートスポットで撮影した写真が、何枚も残されていました。かといって、再び眺めることもないのですが。そのため、デジタルデータのように簡単には消去もできません。写真が捨てられただけ、学生時代に比べれば少しは大人になったのかもしれません。