恋人からの贈り物

学生時代の恋人からもらったプレゼントを、今でもなかなか捨てられないでいます。とくに人形などは捨てにくいものではないでしょうか。別れたあとも、いまだに部屋に飾ったままです。思い出すとつらくなるので、引越しのたびに捨てようと思うものの、気がつけば持ち運んでしまいます。ほかにも、手紙や写真なども引き出しの中にそっと保管してままになっています。とくにアルバムに残された写真は、どうしていいものかいまだにわかりません。わが身を振り返っても、男性のほうがかつての恋人に未練を残してしまうことが多いようです。女性のほうは、昔のことを引きずることなく、さばさばしています。学生時代の彼女に振られたあと、大学内であったときなどはつらかった思い出があります。かといって、冷たい態度をとることもできず、どっちつかずで自己嫌悪に陥ったこともありました。まだ部屋に残ったままのプレゼントや手紙をこれからどうしようか、今も思案しています。