恋人とのコミュニケーション

今振り返ると、大学時代の恋愛でもっとも頭を悩ませていたのが、交際相手との連絡でした。当時は最近と違って、携帯電話が普及していませんでした。一人暮らししている相手ならともかく、家族と同居している場合には、自宅の固定電話に連絡を入れるしかありません。そのさい、本人が出てくれたらいいのですが、家族が出てしまった場合に言いつくろう理由を探さねばならないので大変でした。家族の留守を狙って電話をしたり、あらかじめ時間を決めて連絡するなどの対策が必要でした。その点、最近では連絡方法が多様化したものだと思います。今では中学生や高校生でも携帯電話を持っています。携帯電話で気軽に連絡を取ることはもちろん、LINEやフェイスブックといったSNSでもコミュニケーションが可能です。街角などで、ときおり無言でスマートフォンを操作しているカップルを見かけることもあります。最近の大学生は、連絡がとりやすくなった分だけ、逆にコミュニケーション不足になっているのかもしれません。