恥ずかしいのもまた思い出でもある。

大学の時に、バンドサークルに入っていました。そこはなんちゃってバンドだったのですが、緩い感じが自分には合っていました。

特別、ライブなどをする訳では無く、毎日のようにコピーだとかカラオケみたいなものだとかを繰り返していました。でも周りにはバンドマンですみたいに言ってましたね。

大学3年のときに、先輩の知り合いの人に、大学内でのイベントで演奏してくれないか?と頼まれたと言われました。中身はバンドなんてやっているのかどうか怪しいサークルでしたが、外からみると楽器の弾ける人達、みたいな感じだったようで、是非にと言われ、また調子よく引き受けてしまったようです。

それから結構大変で、色々と用意したり、夜まで残って練習したりしましたが、所詮素人に毛が生えたようなものです。本番の演奏はなかなか恥ずかしいモノでした。

でも見ている人達も軽い感じで、最後の方はカラオケになって、観客さんたちと大合唱になりました。

下手なりに頑張りましたが、内容を思い出すと今でも恥ずかしい限りです。もっと練習して置けば何てことも思いますが、恥ずかしいのもまた思い出ではありますね。