意地で教室まで行きました

その日は朝一に語学の授業が行われる日です。大学とは言え、朝一の授業は遅いわけではありません。高校時代と同じように朝9時からスタートです。登校まで1時間ほどかかることもあり、朝一の授業は面倒で仕方ありませんでした。加えて、その日は前日にまだ慣れていなかったお酒を大量に飲んでしまったので二日酔いです。ふらふら、頭はガンガンの状態で登校していました。
何とか最寄駅まで着いた私。しかし、ここからが大変。20分ほどかけて学校まで登校しなければなりません。しかも学校前には大きな坂があります。普段でも上るのが大変なのに、二日酔いの状態ではさらにキツイものとなります。何度も立ち止まる私。同じ時間に電車から降りた学生はほとんどいなくなってしまっていました。そんな状態でも何とかたどり着いた私。しかし、まだこれで終わりではありません。校門から教室まではさらに5分くらいあります。いい加減遠すぎるだろうと一人でぼやきながらも何とか授業前に辿りつくことが出来ました。あの日以来、お酒の飲み過ぎはしないようになりました。