意外と大事な就職活動での自己分析

  私は就職活動をしていた時、自己分析をしっかりしてそこから志望動機や自分の仕事の向き不向きのヒントを得たりしていました。
  就職活動を始めたばかりの時は、エントリーシートや面接対策が重要なものであり、自己分析は余裕があればやれば良いものという程度のものとしか考えていませんでした。
  しかし、大学のキャリア指導担当に、自分の就職活動の体験談の話をしてもらった時に、その考えは変わって自己分析にも時間をしっかりかけるようになりました。
  その人は自己分析をしないで就職活動をして適性検査で落ち続け、自己分析をしてみたら今まで受けていた職種では適性がないと判断されて適性検査で落ちてしまっていたそうです。
  きちんと適性に合った職種に応募したことで、すぐに就職が決まったという話を聞きました。
  私も自分で見えない部分の仕事の適性がわかったり、自分がその会社で活かせる長所に自己分析をしたことで気付くことができ、私自身の就職活動にも役立ったので、自己分析に真剣に取り組んで良かったと思いました。