意外にも学校の勉強は役にたちます。

学生時代って社会人デビューの練習期間だったんだと今では思う次第なのですが、特に感じるのはそうとは知らずに職業訓練してたということですね。特に国語と数学です。
国語は日本語理解力が無いと仕事ができませんし、読解力って「作者が言いたいことと出題者の問いたいことが一致してるとは限らない」とか学生時代は生意気にも思っていましたが、社会に出てみると、大事なのは出題者の意図なんですよね。そこに応える回答が必要になってきますよね、社会人って。
それから数学ですが、論理的に積み上げる能力って効率よく仕事をするのに必須です。数学なんて社会で使わないじゃんとか思っていたのが恥ずかしいですね。大事なのは必要な公式や考え方を駆使して正答にたどり着くというプロセスの訓練だったんですから。
社会や理科、英語も実技教科にいたるまで、学校で習うことは役に立たないことはありません。しかし知識や手法はあくまでもツールでしかないので、要はそれを自分がどう使いこなしていくかです。
私は子供に学校の勉強なんて役に立たないって言われたら、題を解決するにあたっての手法の訓練だと教えてやりたいですね。それで理解してもらえるかはわかりませんが。