戦車模型サークルについて

私は学生時代戦車模型サークルに所属していました。活動内容は戦車の模型を作ることが中心で、その合間に他の参加者の模型を鑑賞したり、戦車に関する知識を調べたりというようなことも行っていました。
第二次大戦期には魅力的な戦車がたくさん作られましたので、私はこの時代の戦車に絞って作製していました。
一番最初に作ったものがソ連製のT-34です。ロシアで上映された戦車戦の映画でその雄姿を見たことがきっかけでした。
ミリタリーの趣味があったとは言えその時は戦車についてあまり詳しいことは知りませんでした。
まず資料を収集することから始め、ある程度資料を集めて知識を頭に叩き込んでから製作に取り掛かります。
戦車模型は一番最後の汚し工程が一番楽しいということは話に聞いて知っていましたので、私は毎日着実に作業を進めました。
最後の汚しが終わると、私の手元には歴戦のT-34が存在していました。その時の達成感は今でも忘れられません。
戦車の構造について理解するとともにより戦車への愛が高まった良い思い出になりました。