手芸店でのアルバイト

私は学生時代、いくつか店舗の入ったビルの中の一つの店で販売のアルバイトをしていたことがあります。
その店は手芸専門店だったのですが、手芸店というのは次から次にお客様が来るようなものではなく、またたまにお客様がやってきたとしてもほんの数点の商品を購入していくだけなので、比較的ラクなアルバイトでした。おまけに手芸店というのはにぎやかな店舗が入ったビルの中で、静かで落ち着いた空間だったので、私はすごく居心地がよかったものです。
かわいらしい手芸用の雑貨や布切れに囲まれて、ほとんどお客様のいない店内でジッとしているのはなかなか良いものでした。
また店主に薦められて、暇な時間には手芸を楽しむということもしていました。キルトを作成したり編み物をしたりといったことも、仕事にはプラスになることなので、店主も私に薦めてくれたのです。
そうしてこのアルバイトで、私はかなり編み物の腕が上がり、それを友人たちに教えたりといったことをしていたのもいい思い出となっています。